MG デュエルガンダム アサルトシュラウド

『機動戦士ガンダムSEED』より、初期の敵ガンダムの一機。
スミ入れ+トップコート(本体半光沢・アサルトシュラウドつや消し)です
デュエルガンダム アサルトシュラウド デュエルガンダム アサルトシュラウド

前後から。色分けは完璧で、背中のスラスターのオレンジ部分まで別パーツになってます。

デュエルガンダム アサルトシュラウド

付属品というか、追加装甲のアサルトシュラウドと。
これに加えて、手首の差替えパーツとアクションベース対応の股間ジョイント、同スケールのイザーク(立・座)

デュエルガンダム アサルトシュラウド デュエルガンダム アサルトシュラウド

アサルトシュラウドを装備して。
見事にバランス取れてます。

デュエルガンダム アサルトシュラウド デュエルガンダム アサルトシュラウド

顔。特に不満なし

デュエルガンダム アサルトシュラウド デュエルガンダム アサルトシュラウド

可動範囲も高水準。
MGなのでコクピットの開閉機構も

デュエルガンダム アサルトシュラウド

ビームライフルで種ポーズ
手首は甲と親指部分が共通で、残りの四指を武器に合わせて差し替える方式。
MGエンドレスワルツ勢と同じ構造……だとか。そのあたり組んで無いので伝聞ですけど。
保持力は及第点、武器の持ち替えの便利さの面ではちょっと疑問が残る感じです。

デュエルガンダム アサルトシュラウド

このバズーカいつのまにかゲイボルグなんて名前が付いてた。
なんでも1/100レーゲンデュエルが出た時に名前が付けられたとか

デュエルガンダム アサルトシュラウド

ビームサーベル

デュエルガンダム アサルトシュラウド
デュエルガンダム アサルトシュラウド デュエルガンダム アサルトシュラウド
デュエルガンダム アサルトシュラウド

フル装備

デュエルガンダム アサルトシュラウド

アサルトシュラウド付けてもコクピット開閉できるのにビビったり

デュエルガンダム アサルトシュラウド デュエルガンダム アサルトシュラウド

すごい密度

デュエルガンダム アサルトシュラウド
デュエルガンダム アサルトシュラウド

可動範囲には極力干渉しないような作りになってます。凄い。
肩周りがやや窮屈になるくらいです。
放送当時に出たHGのやつとか胸とフロントスカートのパーツが一体になってて腰回らんかったなー、と

デュエルガンダム アサルトシュラウド

フルバーストなど
左肩のミサイルも別パーツになってて塗装不要

デュエルガンダム アサルトシュラウド
デュエルガンダム アサルトシュラウド

知らん間にシヴァが手持ちでも使える武器になってた

デュエルガンダム アサルトシュラウド
デュエルガンダム アサルトシュラウド

背中にはこうしろと言わんばかりのジョイントがあるので、本来のバックパックを外してこんなことも出来ます。
ただかなり無理して取りつけてるので注意。
エールはかなり自然に付けられるんですが。
ちなみに肩の形状が違うので、ソードデュエルとかランチャーデュエルは無改造では捏造できません

デュエルガンダム アサルトシュラウド

以上、MGデュエルガンダムのレビューでした。
10年越しのMG化、当時の夢が叶った感じ。初期の4機は商品化決定してるそうなので、ストライクver2.0も含めて今後のSEEDシリーズの展開に期待です



指摘・コメントなどにお使いください↑

トップへ
MGのリストへ
ブログへ